HOMEハウスクリーニング水まわりのお掃除 >ドラム式洗濯機除菌クリーニング

ドラム式洗濯機除菌クリーニング

洗濯槽の裏側には、洗剤カス・ホコリ・繊維くずが付着し、放置しておくと、それらをエサにしてカビが繁殖してしまいます。


おそうじ本舗は、分解が困難なドラム式洗濯機を全機種・全メーカー対応でプロの技術により徹底的に除菌洗浄いたします。また、洗浄前と後に汚れや雑菌の検査を実施。見えない汚れを可視化して、ご満足のいく仕上がりをご提供いたします。


ドラム内部の汚れを採取して専用検査キット(ルミテスター)で計測後、ドラム内部を洗浄いたします。

ドラム内部に発泡洗浄剤を入れて洗浄を行います。

ドラム内部に除菌剤を2種類入れて除菌します。

専用の器材を使用して、乾燥フィルターに溜まっているホコリや汚れをかき出します。

かさ上げ台を使用して、洗濯パンの奥や排水口を洗浄します。

最後に専用検査キット(ルミテスター)でドラム内部の汚れを採取して計測し、洗浄効果の確認を行います。



ドラム式洗濯機は完全分解が困難であると共に、発泡剤を使用した洗浄で配管が詰まってしまう恐れがあります。
また、裏側が見えないため、汚れ除去の可視化が困難であり、サービス完了となる根拠が乏しいのも事実です。
そのため、故障を考え対応できる専門業者が少なくなっております。


おそうじ本舗は、専用検査キット(ルミテスター)※にて洗浄前、洗浄後の数値を測定してお客様へ開示します。
さらに独自開発の洗浄剤、除菌剤、専用機材を使用してクリーニングを行います。
また除菌の効果を損なわずに時間を短縮するため、専用の中和剤を開発。約2時間でサービスを完了する事ができます。

※ルミテスターとは、キッコーマンバイオケミファ(株)が開発した雑菌や汚れを数値化することができる、食品工場などでも活用されている専門的な検査キットです。


洗濯機は構造的に湿気が溜まりやすく、カビなどの雑菌が発生しやすくなっています。
脱水槽の裏側は普段目に見えない場所ですが、洗濯機を開けた時や洗濯物が生乾きで嫌なニオイがした場合は、プロにご依頼いただくことをオススメします。




一緒に頼むとさらに効果的なオプション